<< 郷愁 | main | 焼印 >>
 日本、そして世界中の人たちが今、どんよりとした空気に包まれています。
理由は述べるまでもありません。

僕たちに今、何ができるのでしょうか?
節電、募金・・・・。

東京にいる僕は、多少の不自由はあるにせよ、好きなレストラン業を
継続して営むことができています。
今僕にできることは、”想いの木”を通して、みんなが少しでも早く笑顔と元気を
取り戻せるような幸せなひと時を提供するこです。
サービス業の存在価値が今こそ試されている気がします。
何のためにお店を開いたのか?
今こそ開業当初の気持ちを思い起こし、
その想いを実行する時であると思っています。

冬が終わり、春がきました。
外を散歩すると、タンポポや菜の花が道端に力強く咲いていました。
桜だって開花しています。

お花は人に安らぎを与えます。
お店にも頂いた桜を一輪挿しの小さな花瓶に飾りました。






早く穏やかな日々が戻りますように。
| - | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://curry.omoinoki.com/trackback/353
トラックバック